親が亡くなりました

雑記

父が亡くなりました
元気だったのに急に入院になって、1ヵ月でなくなってしまいました

悲しみに暮れている時間はありません

家族が亡くなったときはしんみりしたいところですが、そうはいきません
葬式や各種手続きが色々とあります

落ち込むよりもバタバタしてる方がいいのかもしれませんが

ある程度の年になったら急死にも備えて、エンディングノートとか書いておくのも必要ですね

我が家はまだ母が健在なので、ほぼ手続きや片づけはしてくれています
お金関係は母が管理していたので、そこはほぼスムーズです
私は葬式の打ち合わせに一緒に行ったぐらい
特に父はまだ仕事をしていたので、仕事関係が面倒なんだそうです
手続きをしてくれている母に感謝

仕事の後片付け

サラリーマンならやめる手続きでいいのですが、父は町工場みたいな小さな会社をしてました
母はその会社で事務をしてました

廃業したいところなんですが、廃業について話しを聞きに行くとものすごく面倒でお勧めできないといわれてしまったそう
だから休眠させようとしたのですが、誰か代表にしなくてはいけないそうで
これも面倒だそうですが、どちらかはしておかないといけないですね

片付けもしているようですが、人が来てあれが欲しいこれが欲しいといろいろと言われるそうですよ
物によってあげたりもしているようですが、結構皆さん遠慮ないですね

リサイクルショップに引き取りお願いしたのもあるようですが、見積渡されて書いてあるものだけかと思ったら関係ないものまでごっそり持って帰られたそうです
納得いかない気持ちもあるものの、残してもしょうがないという気持ちもあり黙ってたそうです

いるものは事前にのけておくか、きっぱり断れる性格をしてないといけないですね

相続

私に直接関係あるのは相続ですね

これは我が家はすべて母が相続することになりました
財産と行っても基礎控除内で十分納まる程度しかないですが

手続きは10ヶ月以内なので今年中に終わらせる予定ですが、これも姉がしてくれることになったので私は印鑑証明を用意するぐらいでいいようです
落ち着いたら相続についても書いてみたいですね

まだ少し落ち着かないですが、家族で協力していきたいです

コメント

タイトルとURLをコピーしました