メルカリでの本の売り方

簡単副業

メルカリ売る方でも買う方でも利用していますが、私が一番売買しているのは本です
服なんかも出してますが、出品数も多いのでなかなか難しいですね
本は自分が好きなのもあって、クレームをつけられにくいように出品しています

メルカリで売れやすい本

売れやすい本は人気のある話題の本です

どんなジャンルでもそこそこ話題になった本とか芸能人のエッセイ、シリーズ物などは売れやすいし値段の下がり方もゆるやかです

漫画や小説だと1冊だけの物は発売後すぐぐらいしか売れにくいですが、シリーズものなら長く売れます

あまり人気だと思ってなかったものでも、検索してみたらよく売買されていて以外に高値なこともあるので、出品前は一度検索するのがおすすめです

年数がたったものは値段が下がっていき売れなくなってきますが、何かで紹介されたとかアニメになったとかで上がることもあります

私も数年前に完結した小説を売ったのですが、漫画化が連載中でコミックスも数冊出ている小説だったので、シリーズ全てそろった状態で元の価格の2/3ぐらいの価格を付けて出品すると、2~3日で売れました
漫画か前だとここまでの値段がつかなかっただろうから、運が良かったです

本の写真の撮り方

本の写真を撮るときには基本的に全体が入るように表紙、裏表紙、背表紙上部からで撮るようにしています

人気がない本だと目を止めるために1番最初の画像はタイトルや絵をアップで撮るとかでも良いと思いますが、2,3枚目に全体の写真も入れます

シリーズでまとめて売るときは1枚目の写真には全て並べた写真にします
背表紙を並べて撮ってる人なんかも多いですよ
もったいないのは1冊だけ撮ってる人、1冊だけでこの値段なのかと思って確認したらまとめてだったということもあり、気づかない人もいると思うので、目につく1枚目の写真は売る全てを写すべきです

本を買う時に私が写真をみるポイントですが

丸をつけたあたりですね
角がつぶれていないか、上の部分がめくれて折れてしまったりしていないか

同じくつぶれていないか、あと本が黄ばんでいないかです

自分が写真を撮るときに、少し黄ばんでいると思ったら文章でも書きますが、写真でもどれぐらいの黄ばみか確認してもらうためにも撮ってます

あからさまに角がつぶれていたり折れたりしているのに、目立った傷や汚れ無しにしている人もいますしね
このあたりが写ってない写真の人もいるのですが、他にも出している人がいれば購入候補から外します

本の価格設定と梱包

本の価格設定ですが、本の名前で検索してみましょう
売れている価格帯と自分の本の状態で決めます

本が傷んでいるときは少し安い目に、特典などのおまけがあるときは少し高めにしています
何もなければ同じ価格か、同じ価格で売れていない人がいれば10円位安くすると早く売れます

でも検索して500円以下の時は私は手間がかかるので、出品をやめてそういう本をまとめてブックオフに持ち込んでます

本一冊を送るときはらくらくメルカリ便が一番安いのでこれが175円、もし最低価格の300円で出品した場合メルカリの手数料が10%なので30円
175円+30円=205円なので95円しか利益がありません

それに梱包材もリサイクル品を使うこともありますが、100円均一で買った封筒などを使うことが多いのでその分も引くと利益がなくなってきます

まとめて送るときもなるべくならネコポスですが、無理そうなら宅急便コンパクト、それでも入らないときは宅急便になります
最近はゆうゆうメルカリ便のゆうパケットプラスも便利そうですが、私はまだ使ったことないです

梱包は水濡れを防ぐためにビニール袋に入れてマスキングテープでとめる
それをプチプチ等のクッション材などで包んで封筒で送ります
厚い本でクッション材で3㎝超えそうなときはビニールだけです

なぜか漫画を購入したときは3,4人に1人ぐらいはクッション材を使っているんですが、実用書などでは使われているのを見たことないです
私が購入した人達がたまたまかもしれませんが、実用書をクッション材使って送ったときは驚きのメッセージをいただいたこともあります

写真では綺麗だったのに、送ってもらったものの角がつぶれてるときとかあるんですよ
あれが嫌なので、クッション材で包むようにしています

クレームがないようにして、評価によいを付けてもらったら方が売れ行きも良くなります

コメント

タイトルとURLをコピーしました